人気ブログランキング |

正樹院鐘楼再建日記

namu2006.exblog.jp

お陰様で立派な鐘楼堂が完成しました。

法然上人御忌「同時同行念仏会」_f0083602_12210466.jpg
















宗祖法然上人は、建暦2年(1212)1月25日、御歳80歳、京都・東山の吉水、現在の総本山知恩院の地でお亡くなりになられました。そのご命日に、上人のご遺徳を偲び、ご遺訓の『一枚起請文』を声高らかに拝読し、営まれる法会を御忌会(ぎょきえ)と言います。
当山では法然上人御忌会に際し、「同時同行念佛会」を奉修いたします。
「同時同行念佛会」とは全国浄土宗青年会による企画で「法然上人の御命日に、全国各地で同じ時間に『南無阿弥陀佛』とお称えする」法要です。
お念佛をお称えするお互いは、たとえ場所は離れていても、同じくお念佛を称えている人と強縁で固く結ばれています。命終の後、阿弥陀様のお迎えで極楽浄土に往生させていただき、共に佛様と成る仲間なのです。さらには極楽浄土で待っている方々も皆様のお念佛の声を楽しみにして下さっているのです。法然上人もそのお一人です。
本年は感染症拡大防止の為、ご自宅でも参拝できるようにインターネットでの配信も計画しております。
合掌


【日 時】令和3年1月25日(月)13時30分~14時30分
【場 所】正樹院本堂
【持ち物】お数珠お袈裟をお持ちの方はご持参ください
【参加費】無料
【その他】本堂にて参加される場合は、お電話・FAX等でお申し込み頂き、当日は感染症拡大防止の為にマスクの着用をお願いします。

↑クリックしてYoutubeにアクセスしてください
※令和3年1月25日(月)13:30~配信予定





# by namunamu2006 | 2020-12-31 23:59 | 行事

除夜の鐘

令和2年大晦日の除夜の鐘は、感染症予防対策を実施して行います。

除夜の鐘
令和2年12月31日 23時頃より

密を避けるためにいつもより時間を繰り上げて開始します。
なるべく分散して御参拝ください。
マスクの着用、手指の消毒間隔を空けて並ぶ等、感染症予防対策にご協力をお願いいたします。
また、今回は甘酒の御接待は中止させて頂きますのでご了承ください。

除夜の鐘_f0083602_16410505.jpg




















修正会
令和3年1月1日 午前零時

年のはじめに、去った年の反省をし、新たな年の決意をする年頭の法要を修正会と言います。
世界の平和、人類の幸福、仏教の興隆などを祈って、法会を修します。

当山では除夜の鐘が響く中、日が変わる午前零時に合わせて本堂にて修正会をお勤めしております。
お席に限りはありますが、どなたでも参加出来ますのでどうぞお参りください。

今年は試験的にYouTubeにてライブ配信を行う予定です。






# by namunamu2006 | 2020-12-26 16:41 | 行事

フクロウの巣

最近、夜中によくフクロウが鳴いています。

(一ヶ月ほど前に録音したフクロウの声です)





通常、昼間に姿を見る事はできなかったのですが、先日、偶然巣の場所を発見しました。
(場所は内緒です(^^;))
フクロウの巣_f0083602_11422326.jpg

18時頃の写真です。
西日が眩しそうにしています(笑)

# by namunamu2006 | 2020-05-15 11:44 | フクロウ

花まつり

毎年5月8日は花御堂を飾ってお釈迦様のお誕生をお祝いしています。

「花まつり」は本来は4月8日ですが、当山では月遅れの今日行っております。

花まつり_f0083602_10502962.jpg

















今年も境内に咲く花を集めて花御堂をお飾りしました。

花まつり_f0083602_10511991.jpg

















花まつり_f0083602_10532136.jpg






































甘茶も用意しました。
花まつり_f0083602_10581646.jpg

















花まつり_f0083602_11011652.jpg

















緊急事態宣言で外出を控えてる皆様の為に動画を載せます。
どうぞご自宅でもお参りください。






花まつり_f0083602_11005681.jpg

# by namunamu2006 | 2020-05-08 10:00 | 行事

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い緊急事態宣言が出され、せっかくの大型連休も外出自粛で気持ちが暗くなってしまう毎日ですが、少し嬉しい出来事がありましたのでご紹介させて頂きます。


『おおきく振りかぶって』という、高校野球を題材にした人気青年漫画があります。


『おおきく振りかぶって』_f0083602_17392902.jpg


月刊『アフタヌーン』(講談社)にて200311月号より連載が始まり現在に至り、テレビアニメは20074月よりTBS・毎日放送ほかで第1期が放送され、20104月から6月までは第2期が放送されました。

Wikipedia参考


↓講談社ホームページ参考


作品紹介

『おおきく振りかぶって』

全員1年生の公立新設硬式野球部が奇跡を起こす!もやは国民的人気の本格高校野球漫画!

監督は女性、選手は全員1年生。 県立西浦高校の新設野球部に集った10人の選手達は、 弱気で卑屈な投手・三橋を中軸に、一丸となって甲子園優勝を目指す!青春の輝ける情念、最新のスポーツ科学で描かれる勝負の悲喜。日本中を魅了し続ける、大人気本格高校野球漫画!!




著者紹介

ひぐちアサ

1970年生まれ。埼玉県さいたま市出身。 法政大学文学部を卒業。

1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。

現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。

同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。





著者のひぐちアサさんは、正樹院の隣にある県立浦和西高校の卒業生で、作品のモデルになっているのは西高の野球部だそうです。


登場する学校名は「西浦高校」と架空のものになっていますが、描かれる校舎や風景は実際の学校やグランドが忠実に描写されています。


今回嬉しいことに、その人気漫画の中に正樹院が描かれたのです!


『おおきく振りかぶって』_f0083602_18003722.jpg

『おおきく振りかぶって』_f0083602_17330618.jpeg

『おおきく振りかぶって』_f0083602_17335926.jpeg




掲載は令和2425日発売

月刊『アフタヌーン』6月号


『おおきく振りかぶって』_f0083602_17474056.jpg




描かれた内容は、お正月に野球部員達が正樹院へ初詣に来るというシーン。


『おおきく振りかぶって』_f0083602_17523468.jpg

『おおきく振りかぶって』_f0083602_17344653.jpeg


『おおきく振りかぶって』_f0083602_17350143.jpeg


『おおきく振りかぶって』_f0083602_17351962.jpeg

山門や境内がとても忠実に描かれ、部員達は本堂の前でお念仏を称えます。

慣れないお念仏を元気に称えている姿がとてもリアルで素敵なシーンです。



尚、今年の年末に発売が予定されいている単行本にも今回の作品が掲載されるそうです。


是非本を購入し読んでみてください!


(写真の掲載は講談社さんに許可をいただきました。)


# by namunamu2006 | 2020-04-29 18:55 | お知らせ/出来事

ハクモクレン

例年、春のお彼岸に満開となってお参りの方々を迎えてくれるハクモクレンが、今年は暖かい日が続いた為か、既に満開となり散り始めてしまいました。
残念ですが、写真だけでもお楽しみください。

ハクモクレン_f0083602_12374617.jpeg

ハクモクレン_f0083602_12383480.jpeg

ハクモクレン_f0083602_12390279.jpeg

ハクモクレン_f0083602_12393289.jpeg

# by namunamu2006 | 2020-03-13 12:33 | 景色
 新型コロナウイルス感染症の国内における情勢を鑑み、下記の行事を休止させて頂きます。皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。合掌


令和2年
3/23㈪:彼岸念仏の夕べ→休止
3/16㈪ 3/30㈪ 4/20㈪:詠唱会→休止

落語会は秋彼岸9/25㈮に延期します
※4/2㈭~7㈫の大本山増上寺御忌大会(4/4㈯詠唱大会)も中止となりました。
以上



正樹院「彼岸念仏の夕べ落語会」(延期となりました)_f0083602_17524447.jpeg



# by namunamu2006 | 2020-02-10 17:51 | 行事

初午

明日は月遅れの初午です。
お寺で管理しているお稲荷さんの掃除をしてのぼりを立てました。

初午_f0083602_17010284.jpeg

初午_f0083602_17015087.jpeg




# by namunamu2006 | 2019-03-09 16:56 | 行事
一昨年の秋から始めました当山の彼岸行事「彼岸念仏の夕べ」のご案内です。

「彼岸」は、本来の意味としては煩悩を脱した悟りの境地のことを言います。
私達の住んでいる世界を、此岸といい、向こう側(仏様)の世界を彼岸というのです。
彼岸は「パーラミター(波羅蜜多)」という梵語の漢音写で「到彼岸」と訳されます。
「此の迷いの岸である現実の世界から、彼の悟りの岸である仏様の世界へ到達する」という意味でもあります。
そこでお彼岸には「悟り」をひらけるように仏道修行の期間という意味合いもあります。
 
 私たち浄土宗では「お念仏」の生活を日々送ることが彼岸への道を歩むことです。
お彼岸に太陽の真西に入る様子を見ながら、阿弥陀さまのまします西方極楽浄土(彼岸)に想いを馳せて、
ご先祖さまへの感謝と自分自身を顧み反省する日にいたしましょう。
 
当山の「彼岸念仏の夕べ」は、法話と、少し本堂の明かりを暗くしてご本尊「阿弥陀如来」を拝しながら小さな木魚を参加者全員で叩きながらひたすらお念仏を称える法要です。
ご家族おそろいでご参加いただき、彼岸会の仏道修行としてお念仏のご縁を結んでいただければ幸いです。

H31年3月24日(日) 彼岸念仏の夕べ_f0083602_12261758.jpg



# by namunamu2006 | 2019-03-08 12:35 | 行事

スーパームーン

スーパームーン_f0083602_06054434.jpeg
御詠歌のお稽古の帰り、夜空に輝く月影をお檀家のM様が鐘楼と共に収めてくださいました。

綺麗ですね^_^



# by namunamu2006 | 2019-01-21 20:35 | 景色